2014/03/01

歌舞伎界は大丈夫なのか?!

松竹歌舞伎会から毎月「ほうおう」という会報が送られてくる。ほとんど毎月のように観に行った時期もあったのだが、近年とんと歌舞伎座にはご無沙汰してしまっていて、恥ずかしながらいまだ新歌舞伎座で芝居を観ていないのだが、ささやかな会費でも歌舞伎界の下支えの足しになればと思って続けている。

で、今日4月号が届き、巻頭は中村時蔵丈のインタビュー。「またお運びいただけるよう、いい舞台を」…云々。

ちょっと待て、と思ったのは、2013年3月27日に銀座で行われた新歌舞伎座開場を記念してのお練りの件。冷たい雨の中ファンを待たせて、30分近く遅れてようやくのスタートとなったのは、雨の中練り歩くのを嫌ってとある大御所がゴネて、バスから降りてこなかったからだという。

雨の中ファンを待たせて、自分は濡れることを嫌ってだだをこね続けたその人こそ、中村時蔵丈である(歌舞伎 お練り バス、とでも検索してみてください)。

富十郎、芝翫、勘三郎、團十郎、と新歌舞伎座の杮落しを心待ちにしていた名役者を次々と失い、歌舞伎界存続の危機といってもいい事態であったにもかかわらず、雨中足を運んだファンを大切にしない危機感のなさ。第一時蔵は歌舞伎界を背負って立つほどの女形でなかろうに。

それが一年後にしれっと冒頭の発言である。

ほんとうに、歌舞伎界と松竹に危機感がない。

(ちなみに私は澤村宗十郎丈の古風で典雅な女形が好きでした。急に亡くなってしまったのは惜しい限りでしたが。)

2013/12/24

第23回ジョイントコンサート迫る

Img_3829_2

7校合同ジョイントコンサートがいよいよ今週末に迫りました。

2年生合同バンドの指導にもますます熱が入ってきました。今年の2年バンドも、グレイアム「ザ・レッド・マシーン」、アッペルモント「サガ・マリーニャ」と超重量級のプログラムです。ご期待ください!私はデ・メイ「エクストリーム・メイク・オーヴァー」を振らせていただきます。2013年締めくくりの音楽活動、気合い入りまくりですΣ(`・ω・´)

第23回ジョイントコンサート

2013年12月27日(金)午後15時半開場 16時開演/船橋市民文化ホール

参加校:市川昴、国分、白井、船橋古和釜、松戸向陽、松戸六実、薬園台

入場無料。ご来場をお待ちしています!

2013/09/11

Kiitos! Suomi!

Img_0212

今夏はフィンランドに行きましたですよ。スナフキンが棲んでそうな北欧の森の中を歩いてみたかったのです。

ていうのは、フィンランドのオケのコンサートに連れて行って貰ったとき、そのサウンドに他のどのオケとも違う、朝の森に立ちこめる冷たい霧のような空気感が感じられて、とても印象深かったのです。

Fin_1

Fin_2

Fin_3

Fin_7

…でも、正直に書きますわ。シャケを思う存分食べたかったのです、ほんとは。catfacerestaurant(左から①思わず「うまいー!」と声を出しそうになった脂ののったサーモンのグリル、②中世風レストランにて豆や麦を付け合わせたスモークサーモンのグリル+蜂蜜入り黒ビール、③サーモンスープに乗った切り身は皮がパリパリで美味しく、④港の市場で豪快に盛りつけられた鉄板焼き+濃厚なキノコのクリームソース。)

Fin_4Fin_5もちろんIKEAのフードコートでお馴染みの北欧名物ミートボールや、大粒のビルベリーの乗ったタルトなんかも食べましたですよ。

今回の旅行は食の亡国(失礼sweat01)ロンドンからスタートということで、前回懲りたのでイギリス料理には目もくれずインド料理店でカレーばかり食べていたんですけど(これは正解flair)、フィンランドではとにかくお目当てのシャケが素材を生かしたシンプルな調理、毎回いちいち美味しくて食事面でも大満足でした。

» 続きを読む

2013/05/29

ヴァイオリニスト潮田益子氏逝去 

もう十年以上前、サイトウ・キネン・オーケストラの公演を見に行ったことが思い出されます。白血病とは。ご冥福をお祈りいたします。

2013/01/06

Bonne année !

Img_3274_3

あけましておめでとうございます。昨年は人の縁に助けられた一年でした。ありがとうございました。今年の抱負は「愛語施」、ついつい文句や皮肉を口にしてしまいがちな己を戒め、前向きな言葉や愛ある言葉を相手に発することができるよう心懸け、その言霊に信を寄せたいと思いますr(^ω^*)))

さて、年末年始はベルギー弾丸トラベルでしたよ。(上:ブリュッセル「グラン・プラス(大広場)」)

Img_3331

運河の街ブルージュも中世の古い街並みがそのまま広範囲に残っていて素晴らしかったです。

Dsc_0368

Dsc_0361

Dsc_0347

Dsc_0366

もちろん種類豊富なベルギービールもあれこれ試しましたし、チョコレートやワッフル、郷土料理のワーテルゾーイ(鶏肉のクリームシチュー。鍋ごと出てきたんだが)、季節もののウサギ肉のビール煮も堪能しましたよrestaurant

さて次の旅先はどこじゃ-、と気の逸るところですが、今年まだ働いてないのだし凸(`Д´メ)

…こんな調子ですが今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012/12/27

ジョイントコンサート

Img_3174

今年のジョイントコンサートは新しく赴任した学校を引っ張り出して参加。

2年生合同バンドのアンコールで「ディスコ・キッド」を振らせていただきました。今回使用した譜面は作曲者自身がファンの声と自身の気の赴くままに加筆してマイナーチェンジ、では失礼か(゚ー゚; 進化??深化??を重ねてきた(あくまでも2012年12月時点での)最新版「ディスコ・キッド X+(テン・プラス)」。

しかもこれに1年生の合唱をつけてしまいましたw …課題曲に何すんの、とお怒りなさるなι(´Д`υ)これまた作曲者自身が歌詞をつけた混声四部合唱の「ボーカル・パート」って譜面がちゃんとあるんだから。

厚いファン層に支えられて根強い人気を誇る「ディスコ・キッド」ですが、合唱まで付けて演奏したのは日本中見渡してもまだまだ希少ではないですかね(゚m゚*)やっちゃったもんね~、って感じです。まあ、難曲大曲レア曲ありのこのコンサートでなければ許されなかったと思うんですけど。

去りゆく2012年のいい思い出になりました。ありがとうございました。

きょう演奏した曲

♪天野正道「エスティロ・デ・エスパーニャ・ポル・ケ?」

♪東海林修「ディスコ・キッド X+(テン・プラス)」混声四部合唱付き

2012/12/05

勘三郎さん逝去

Dsc_0326

思いがけない、朝のニュースだった。

先人の精神を守りつつ、現代人をわくわくさせるような歌舞伎を追求し、何の役でも「勘九郎(または勘三郎)の○○を観た…!」と思わせてくれる人だったと思う。歌舞伎座での「浪花鑑」、中村座での「千本桜(渡海屋)」、コクーンでの「四谷怪談」等々、ぞくぞくする思いで見終わった芝居は多い。

サービス精神旺盛な人で、どんなシリアスな芝居でも、どこかに一箇所は、くすっ、と笑わせるような要素を織り込んでいたけれど、それは決して悪ふざけやその場限りのウケ狙いではなく、そのおかしみの中にどうしようもないような人間存在の哀しみを表現していた、と私は思う。

勘三郎丈なかりせば、私はもう歌舞伎を観なくなってしまうのではないか、そんな落胆すら覚える。それは彼の意思と反するものに違いないけれど。

勘三郎さん、私に歌舞伎の面白さを教えて下さってありがとう。

心から、ご冥福を、お祈りいたします。

«東京交響楽団演奏会