« 「波ざる」を作る② | トップページ | 打楽器の殿堂へ行く »

2004/11/09

「鯨の声」を再現する!!

 「海の男達の歌」打楽器探検隊シリーズ、おそらく怒涛の最終回。

 肝心の「鯨の声」がまだだったぞ。ザトウクジラの歌声を再現すべく、スコアには「湿らせた親指でティンパニのヘッドをロールせよ」とあり、なんだこりゃあと思ってネット検索したところ、「スーパーボールでこするといい」との情報あり、ほう、と感心しつつ、スコアをひっくり返してみたらば「Percussion Notes」と題して作曲者スミス自身がちゃんとそのことを書いている、単に自分の注意力不足だった。…と、ここまでが第1段階。

①スーパーボールを買ってきて恐る恐る試してみた初日。ゴムのこすれる「きゅうぅ」という音ばかりして成功率が低い。打楽器奏者の皆さんからも、本番でボールが掌からぽろっと外れて失敗してしまったとのお話をよく聞いた。
superball.jpg

②ある指揮者の方から「ヤキトリの串を刺すといいですよ」とのアドバイスをいただき、刺してみる。
kushizashi.jpg
 なんだか食欲をそそられる。

③さらにネット上の打楽器フォーラムで、ボールの表面をやすりで削ると良いということを教えてくださった方あり、粗目のやすりでがしがし削る。その姿をひとに目撃されて不審がられた。少なくとも凶器には見えんでしょうが。
yasuri.jpg

④どーよ。「おおおぉぉ~」「くううぅぅ~」と鯨が鳴く。こする位置や力加減、ヤキトリの串の角度(立て具合)によっても音程が変わり、とっても面白い。
 ヤキトリの串を刺すのはボールが転がり出るのを防ぐためじゃなくて、ボールを振動させてティンパニを鳴らすためだったのだ(音が出ないのは手で握りしめていたからだったのだ)、とようやく気付く。
roll.jpg

⑤バスドラでも、ゴング(銅鑼)でやっても、鳴く。机でも、パソコンでも、窓ガラスでも、どこでやっても小さなくじらたちが泳ぐ。
 制作費は300円(スーパーボール200円、ヤキトリの串100円)。たったの300円で気分は「グラン・ブルー」。
gong.jpg

⑥あっ、そうだ。
 「『波ざるを作る』②の巻」で出会った小早川先輩にも教えてあげよう。

 きっといつもの倉庫にいるはず。

mikkai.jpg

  密会していた。

  「あなた、いい加減にしてくださらないと、しばくわよ。」

※この記事はあくまでも自分たちの試行錯誤のようすを記したもので、「正解」ではありません。「参考になったよ」「こうやったらもっとうまくいくよ」など、ご覧になった方のコメントをひとこと、いただけると嬉しいです。

« 「波ざる」を作る② | トップページ | 打楽器の殿堂へ行く »

コメント

はじめまして。某県の高校に通ってる学生ですm(__)m
いきなりですいませんが海の男達の歌のことで質問があるんです。
打楽器の鯨の鳴き声のスーパーボールを使うとおっしゃられてましたが
串にさすときは串を熱したりしてさされたのでしょうか??
すいませんがやり方がよくわからないので教えてもらえないでしょうか。
お忙しいところすいません(><

◇メールありがとうございます(^_^)/「海男…」関係の質問をよくいただくので、他の方の参考にもなるかと思い、こちらに引用させていただきました。
 あっけない返答で申し訳ないのですが、単純に、「刺す」だけです。竹串は百均で買ってきたものですが、普通の丸い竹串(ごく普通に家庭などでつかうもの)では細すぎて、演奏時(ヘッドにこすりつけている時)に折れてしまうので、ヤキトリを刺すのに使う、平べったい形の串を使いました。これなら強度も十分ですよ。
 まず、キリか千枚通しのような先のとがった工具でボールの真ん中に穴を開け(そんなに奥まで差し込む必要はありません。串を刺す場所に目印をつける程度で十分です)、その場所にぐっと押し込んでいく(このとき串をぐりぐり回したりねじったりしないで(ボールが割れてしまうかもしれないから)、まっすぐ押し込んでいく)と、簡単に写真のようなものができあがります。お金も力も要らない上、演奏時の成功率が高いので、ぜひ試してみてください!また何かあったらメールくださいね。


  通りすがりですheart01
  とっても参考に
  なりました( ^ω^ )♪
  ありがとうございます!!!!

>tkesさん、コメントありがとうございます。
打楽器の特殊効果、さまざまあって面白いですよね。

コンピュータで合成した画像や音声であっという間に「リアル」な表現ができてしまう現代だからこそ、こういうアナログな音作りを楽しみたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53498/1913301

この記事へのトラックバック一覧です: 「鯨の声」を再現する!!:

« 「波ざる」を作る② | トップページ | 打楽器の殿堂へ行く »