« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012/12/27

ジョイントコンサート

Img_3174

今年のジョイントコンサートは新しく赴任した学校を引っ張り出して参加。

2年生合同バンドのアンコールで「ディスコ・キッド」を振らせていただきました。今回使用した譜面は作曲者自身がファンの声と自身の気の赴くままに加筆してマイナーチェンジ、では失礼か(゚ー゚; 進化??深化??を重ねてきた(あくまでも2012年12月時点での)最新版「ディスコ・キッド X+(テン・プラス)」。

しかもこれに1年生の合唱をつけてしまいましたw …課題曲に何すんの、とお怒りなさるなι(´Д`υ)これまた作曲者自身が歌詞をつけた混声四部合唱の「ボーカル・パート」って譜面がちゃんとあるんだから。

厚いファン層に支えられて根強い人気を誇る「ディスコ・キッド」ですが、合唱まで付けて演奏したのは日本中見渡してもまだまだ希少ではないですかね(゚m゚*)やっちゃったもんね~、って感じです。まあ、難曲大曲レア曲ありのこのコンサートでなければ許されなかったと思うんですけど。

去りゆく2012年のいい思い出になりました。ありがとうございました。

きょう演奏した曲

♪天野正道「エスティロ・デ・エスパーニャ・ポル・ケ?」

♪東海林修「ディスコ・キッド X+(テン・プラス)」混声四部合唱付き

2012/12/05

勘三郎さん逝去

Dsc_0326

思いがけない、朝のニュースだった。

先人の精神を守りつつ、現代人をわくわくさせるような歌舞伎を追求し、何の役でも「勘九郎(または勘三郎)の○○を観た…!」と思わせてくれる人だったと思う。歌舞伎座での「浪花鑑」、中村座での「千本桜(渡海屋)」、コクーンでの「四谷怪談」等々、ぞくぞくする思いで見終わった芝居は多い。

サービス精神旺盛な人で、どんなシリアスな芝居でも、どこかに一箇所は、くすっ、と笑わせるような要素を織り込んでいたけれど、それは決して悪ふざけやその場限りのウケ狙いではなく、そのおかしみの中にどうしようもないような人間存在の哀しみを表現していた、と私は思う。

勘三郎丈なかりせば、私はもう歌舞伎を観なくなってしまうのではないか、そんな落胆すら覚える。それは彼の意思と反するものに違いないけれど。

勘三郎さん、私に歌舞伎の面白さを教えて下さってありがとう。

心から、ご冥福を、お祈りいたします。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »