« 第23回ジョイントコンサート迫る | トップページ

2014/03/01

歌舞伎界は大丈夫なのか?!

松竹歌舞伎会から毎月「ほうおう」という会報が送られてくる。ほとんど毎月のように観に行った時期もあったのだが、近年とんと歌舞伎座にはご無沙汰してしまっていて、恥ずかしながらいまだ新歌舞伎座で芝居を観ていないのだが、ささやかな会費でも歌舞伎界の下支えの足しになればと思って続けている。

で、今日4月号が届き、巻頭は中村時蔵丈のインタビュー。「またお運びいただけるよう、いい舞台を」…云々。

ちょっと待て、と思ったのは、2013年3月27日に銀座で行われた新歌舞伎座開場を記念してのお練りの件。冷たい雨の中ファンを待たせて、30分近く遅れてようやくのスタートとなったのは、雨の中練り歩くのを嫌ってとある大御所がゴネて、バスから降りてこなかったからだという。

雨の中ファンを待たせて、自分は濡れることを嫌ってだだをこね続けたその人こそ、中村時蔵丈である(歌舞伎 お練り バス、とでも検索してみてください)。

富十郎、芝翫、勘三郎、團十郎、と新歌舞伎座の杮落しを心待ちにしていた名役者を次々と失い、歌舞伎界存続の危機といってもいい事態であったにもかかわらず、雨中足を運んだファンを大切にしない危機感のなさ。第一時蔵は歌舞伎界を背負って立つほどの女形でなかろうに。

それが一年後にしれっと冒頭の発言である。

ほんとうに、歌舞伎界と松竹に危機感がない。

(ちなみに私は澤村宗十郎丈の古風で典雅な女形が好きでした。急に亡くなってしまったのは惜しい限りでしたが。)

« 第23回ジョイントコンサート迫る | トップページ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎界は大丈夫なのか?!:

« 第23回ジョイントコンサート迫る | トップページ