ごはん

2011/02/05

きょうのごはーん

Dscf3339

鶏肉のソテーきのこクリーム。

イタリアでお土産屋さんの店先に積んであった安い乾燥ポルチーニ茸からいい出汁が出ました。空港で売っていたのはかなり高価だったので、ランクがあるのでしょう。あれ使ったらどんな出汁になるんだ(*゚∀゚)=3

リゾットもやってみよう♪

続きを読む "きょうのごはーん" »

2011/01/09

渡り蟹のビスク

Dscf3320_2

Dscf3321_2

Dscf3324

イタリア記事まとめの途中ですが、超不定期ごはんシリーズ。

「ビスク(bisque)」とは甲殻類の濃厚なスープです。

最近少し体重を落とさなきゃと思って近頃流行のタジン鍋で蒸し野菜ばっかり食べてるんだが(ポン酢とか柚子胡椒で味付けすればそれはそれで悪くはないけど)、飼育されてる気分になってきたので、今日はタジン鍋の出番無し。スーパーの鍋物コーナーにワタリガニがひとパックだけ残っていたのをget。

①出汁がよくでるように、蟹の甲羅を割る。

②鍋にオリーブオイルを熱し、にんにくひとかけ、香りが立ったところで蟹投入。色が変わるまで炒りつける。

③蟹の色が変わったら、バターを足して、野菜(セロリ、人参、玉葱)の微塵切り投入。

④ほんとは蟹が炒まったらブランデーで香り付けしていったん蟹を取り出し、あらためて野菜を炒めるらしいが、ブランデーがないので、全部一緒くたに炒めちゃったところに白ワインを注いでしまふ。アルコール分を飛ばしてしばし煮詰める。

⑤水、固形スープ、ローリエ、トマトピューレ、トマト水煮缶を入れて1時間ことこと煮込む。一晩寝かせる。

Dscf3328

⑥(ここでストレーナー(スープ濾し)を慌てて買ってきて)蟹のエキスを搾るようにごりごり押しつぶしながら鍋の中身を濾す。

⑦再び火を入れ、3分の2~半分くらいまで煮詰めていく。

⑧塩胡椒で味を調え(思いのほか蟹や固形スープの塩気が強く出るので塩加減は慎重に)、生クリームを加えて仕上げ、好みでパセリやクルトンを散らして出来上がり。

Dscf3331

行儀悪いけどパンを浸しながら食べました

きれいに濾さないで、わざと田舎風に具の食感を残してもいいかも。

2010/05/02

きょうの晩めーし!!②

Dscf2843 いい天気が続きますこのGW、ドル安の勢いでワシントンかシアトルにでも行こうかと思ったのですが、行きの飛行機がどうしてもとれず…(30日(金)なら取れマス、て言われたのですがさすがに顰蹙ですよね(ノ_-。))

という訳で暇になってしまったGW、きょうはだいぶ片付けがはかどりました。夕飯はスペアリブのトマト煮。ローズマリー買ってきてよかった

2010/04/05

きょうの晩めーし!!

桜も満開、いよいよ春到来です。

一昨日は卒業生のお宅におじゃましてご両親も交えて飲み会、定期演奏会のDVDを見たりN響の演奏を聴いたりしながら、私の今後の仕事??音楽???についてもあれこれ心配していただき、ついにそのまま夜を明かしてしまいました徹夜で飲んだのなんて久しぶりだでもつくづく人の縁のありがたさを感じています。

Dscf2830

鍋のビーフシチューが3日続けて食べてもなくならないので、今日の晩めしはビビンバ丼。

塩、胡麻油、焼き肉のたれ、コチュジャン少々。

ちょっと手を抜きすぎですかね

2009/01/02

おせちバトル注意報

Dscf2359あけましておめでとうございます。今日は、退屈してきたので、今夜予想されるおせちバトルに備えて、栗きんとん増産計画を実行に移しマス

庭のくちなしが実を付けたので、芋餡の色づけに使います。

Dscf2352

茹で上がった甘藷に砂糖をまぶして裏ごし。砂糖は一緒に裏ごしにかけてしまった方が仕上がりがざらつかないらしいです。

年末苦しんでいた肩こりがやっと治ったのに、また再発です…。すべてを手作りしていた昔の女たちは大変だったんだなあ

Dscf2353

裏ごしした甘藷を鍋に戻して、みりん、栗甘露煮のシロップを加えて火にかけながら練り上げます。

水分を飛ばして艶がでてきたらほんのひとつまみ塩を加えて、栗投入。ごろごろ投入。

Dscf2358久しぶりに作ったけど、市販の水飴みたいな甘いだけの栗きんとんと違い、やはり100%芋餡の手作りは味わいがあって美味しいです。栗出現率も高いし   

このやり方で栗とラム酒を使えば自作モンブランも夢じゃないわけだ

というわけで今年の私の目標。

Img_0222①コントラバスの練習。音量が出るジャーマンスタイルもいいけど、のびやかに弾けるフレンチスタイルを身につけたい。できれば乗り番を得たい。②きちんと着替えてきちんとしたフレンチレストランに行く機会を持つこと。質の良いものに触れることは絶対にさぼらない。③旅行2回。

2009年がみなさまにとって幸多き一年になりますように。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2008/12/31

1時間待ち~

200812311241001ホテル勤務、国外逃亡、渋滞にハマって車の中で年明けた…などここ7、8年の年越しは落ち着きがなかったので、今年は数年ぶりに実家でのんびりカニの身をほじりながら紅白歌合戦を見ています。猫がずいぶん年をとって寿命も近づきつつあるので、この休みの間にゆっくり遊んでやろうと思います。

年越しそばは昼前に神田「まつや」へ行きました。1時間並んでやっとありつけました。

近くの「藪蕎麦」も行列だったようです。蕎麦好きには「藪派」と「まつや派」とがいるそうですが、私は「藪蕎麦」の蕎麦を「まつや」のつゆで食べられたらもうちょい満足できるのにと思います。蕎麦もつゆも満足できる美味しい蕎麦屋ってなかなか見つからないモノです…

今年はばたばたしているうちにあっという間に師走となってしまいました。来る年はもう少し何か勉強するとか、仕事と私生活のバランスを整えるとか、中身を充実させたいです。旅行は、ドイツ寄りのフランスか、北欧に行く計画です。

今日一日、こちらは穏やかな晴天でした。みなさまいかがお過ごしですか。

どうか、良いお年を。

2008/06/30

銀座めし

Bourguignon今月は何かと心を磨り減らして疲れた。…ので、この土日はせっかく休みだったのに、ごろごろと寝て過ごし、それでも疲れが抜けなくて今日は死ぬ程眠かった。

でも、眠くて死んだ人はいないのでたぶん大丈夫だろう。

土曜の夜だけ起きあがって、東銀座の仏料理店にてひさびさの仲間と会食。たまにはお洒落して銀座で食事でもせにゃいかんわね。とつくづく思った。感性が鈍るといいますか。いい料理は五感を刺激されます。

この日みんなでとったワインはマルゴーの赤。料理のチョイスも人それぞれでした。エスカルゴ、ムール貝、と取り憑かれたように貝ばかり頼む人。ローストしたチーズのサラダ、なんて明らかに女の子を釣ろうとしているメニューが見事にツボにはまる人。みっちりリサーチしてきて地方料理に詳しい人。そして鴨とか仔牛のパテとかがっつり系肉業界の私。…定番肉料理「牛頬肉の赤ワイン煮」はぱさぱさして美味しくないことも多くて敬遠していたのだけれど、ここのはこっくりとこくがあっていいお味でした。

ワインがあんまり美味しいのでもう一本同じ物をオーダー。この頃になると下ネタも交えてだいぶ大人の会話していたような。旅の話もずいぶん出ました。命と余暇と金には限りがあるのに、行きたいところが多すぎる。

格式張らない店の居心地も手伝って、そんなこんなで5時間経過。学生時代の青さがお互い抜けて、それぞれの趣味や世界観を持つようになってからの交流は知的な刺激に満ちて面白い。そして今日(月曜日)からまた無表情の下に夢を押し隠して、それぞれの職場に戻り、日常に呑み込まれていくんだな。

…ああ、切ない

2008/05/18

石刀柏

Asparagus↑アスパラガスと読むんだそうな。春の野菜。ユリ科の植物とは知らなんだ。佐倉の小さな仏料理店で前菜に出たのを食べてから、好きになった。スーパーでは一年中貧弱なのが売ってるが、太くてみずみずしいのはこの時期しか出回らないので、やや値が張って躊躇したが、デパ地下で籠に盛られた立派なのに一目惚れして買ってきた。

昨日は肉巻き、今日の昼はカルボナーラに加え、夜はボイルして胡麻和えにする予定。アスパラの季節も残りわずか。もう少しこの香気を満喫したい。また買いにいこう♪

2008/05/04

きょうの炊事~スペアリブの煮込み

Spareribs

世は大型連休。バーベキュー用のスペアリブを売っていたので、赤ワインで煮込みにする。塩胡椒とハーブ、にんにく醤油で下味をつけたスペアリブに小麦粉をはたいて焼き色をつけ、あとは赤ワインをひたひたに注いでコンソメをひとかけ放り込み、やわらかくなったら完成。

たまには台所をちゃんと使わないと、と思うんだけど、和食は雪平鍋とか擂り鉢とか数種類の道具が動員されて洗い物が増えてしまうので、ついつい一鍋を火にかけてほったらかし系に頼ってしまう。

…ので、最近は銅のソテーパンと銀のカトラリーが欲しくなっている。

2008/02/09

「こくまろ」の…

20080209_2大人買い。

日頃ちまちまとした炊事をしていると、ときどき「大量に調理したい」という欲求が高まるのです。大学に入り立ての頃、母校の吹奏楽部の合宿に炊事手伝いに行って、50人分の焼きそばを焼いたりしたときの快感が忘れられないんだろう、たぶん。

…というわけで、関東でも雪が降るとの予報が出されたこの日、残り少なくなった特売品をひとりで買い占め、カートに山積みになったじゃがいもを見たよその奥さんにくすっと笑われたりしつつ、無事買い物を済ませて帰還したのだった。

20080209_3_2今日の目標【2時間半で部員70人分のクリームシチューを作る】

材料は目分量ですけど、皆さんも70人分作ることがあるかもしれないのでご参考までに♪

玉ねぎ…12個、じゃがいも…25個、人参…11本、ホールコーン…8缶、ウインナー…1.25㎏、ルー…10箱、水…18㍑。

仕上げに牛乳2㍑を投入する予定だったが、鍋から溢れそうなので諦める。20080209 

今回は「給食っぽいシチュー」というコンセプトにしたので具はコーンとのバランスをとって小さく賽の目切りにしたんだが、包丁をきちんと研げば2時間で作れたような気がする。前回のビーフシチュー編に比べるとはるかに楽だったし、安上がりに済んでしまった。

おかげさまで部員諸君によって完食。自分も調理欲が満たされて満足。手持ちの27㎝寸胴鍋では入りきらなかったので、もっと大きな業務用の鍋を買わなければ、と業務用品好きに拍車のかかった一日だった。

より以前の記事一覧