管楽器

2007/10/09

ホルンアンサンブル・ご案内

コンサートの案内をいただきました。仕事の合間を縫って現役でばりばり演奏活動しているなんて、うらやましいです。

♪Various Horn Ensemble♭Concert2007~11人のHorndly~

◆日時:2007年11月10日(土)
◆開場:13:30 開演:14:00
◆場所:スペース Do(管楽器専門店DAC地下フロア)JR新大久保より徒歩10分
◆入場料:無料
◆曲目:Farewell to Red Castle / Kerry Turner
Elsa's Procession to the Cathedral from "Lohengrin" / Richard Wagner 他

入場無料だそうです。ご盛会をお祈りします!

2005/05/08

喉を開けて吹く

 管楽器を吹くとき、「喉を開けて」とよく言われる。「あくびをするような感覚」ともアドバイスされる。本人が身体で体得するしかないことなので、言葉で伝えるのは難しいのだが、いろいろな人がいろいろな言い方でそれを伝えようとするのは面白い。

 「年末の紅白歌合戦を見ていたらば、平井堅が高音を出すとき、頬骨を上に、くっ、と上げているのに気がついた。澄んだ高音が出る秘密はあれに違いない。…そこ、トロンボーン、『平井堅』っっ!」と管楽器を吹く子どもたちに言ったことがある。我ながら下らん、と思っていたら、先日の合奏で同じコトを言う人がいたので驚いた。
 さすがに平井堅は出てこなかったが、その人は「頬を上にぐっと上げて笑っているように」、「自分は笑いながら吹くのはできないので、カッ、と目を見開いて吹く」と教えていた。

続きを読む "喉を開けて吹く" »

2005/01/30

ファゴット!!

 うちの部にはファゴットが無いもんですからぁ!!残念!!
 4月の新入生勧誘期間。中学でファゴットをやっていたのに、「無いならいいです~」と入部してくれない新入生がときどき現れるのでそのたびに悲しい思いをしてます。
 ファゴットやオーボエのようなダブルリード属の楽器を担当する人は、年がら年中リードを削ったり、湿らせたりして調整に気を使っているので、やはり几帳面というか神経質というか、職人肌の人が多いようです。高校時代の先輩もおっかなかったです。そして、「ファゴットが無いならサックスでもやってみるか♪」と浮気なんかしないところが、やはりファゴット吹きなのです。

続きを読む "ファゴット!!" »

2004/12/27

フリューゲルホルン譲ります

flugel
◇モデル … ジュピター FH846RL B♭管 ラッカー仕上げ 第3スライド・オートトリガー付
仕様の詳細はこちらを参照してください。
◇定価 … 10万8000円(税込11万3400円)
◇購入時期 … 2004年3月(※2005年3月20日までメーカー保証期間内です。)
◇状態 … 3ヶ月使用、傷なし美品。
         
※この譲渡はページ管理者個人によるもので、学校および吹奏楽部とは関係ありません。
 おかげさまで譲渡が成立しました。ありがとうございました。

2004/12/17

3万年前のフルート

 マンモスの牙で作った3万7千~3万年前のフルートがドイツで発掘されたのだそうな(12/17読売新聞)。
記事によると、長さは約19㎝。半円形の牙の断片2つを空気が漏れないようにつなぎ合わせた高度なもので、研究チームが実際に試奏したところ、「変化に富む美しい音が出た」そうだ。
 ちなみに、これまでに発掘されたフルートは、中が空になっている水鳥の翼の骨に指で押さえる穴を開けただけのものだという。

続きを読む "3万年前のフルート" »